モレスキンの使い方 なぜモレスキンを使うのか?

MOLESKINE【モレスキン】

モレスキンのノートとは

お値段高めのおしゃれなノート

f:id:gobuichix:20180425125547j:plain

お値段高めですが、使っていて気持ちいい。

 

書き心地や質感もそうだけど、何よりもカッコイイ( *´艸`)

 

さりげなく使っていると、デキる感じがにじみ出ちゃいます。

 

ミーハーと言われれば、確かにその通り( ゚Д゚) 

 

だけど、何かを新しく使い始めるときや、やり始めるときのモチベーションやきっかけなんて大体そんなもんだと思います。

 

でも、使ってみないと、やってみないと良さも悪さもわかりません。

スポンサーリンク

モレスキンとは

ちなみにモレスキンは、こんな感じのノートです。

モレスキン(Moleskine)は、イタリアのモレスキン社(Moleskine, 旧社名:Modo & Modo)が販売する手帳のブランド。撥水加工の黒く硬い表紙と手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴である。かつてはモールスキンモレスキーネという呼称も一般的ではあったが、現在日本ではヨーロッパでの発音に合わせてモレスキンと呼ばれる[1]

オリジナルのモレスキンは19世紀後半、フランストゥールの製本業者によって手工業で作られた。パリの文房具屋で販売され、ゴッホピカソといった多くの有名人が使用していた。最も有名なモレスキンのユーザーはイギリスの紀行作家ブルース・チャトウィンで、作品にもよく登場する。

1986年に生産を終了、長らく入手不可能であったが、1998年に復刻され、現在はモレスキン社によって販売されている。オリジナルのモレスキンとモレスキン社のものは同一ではないが、現在でもカルト的な人気があり作家ジャーナリスト画家ビジネスマンなどに幅広く使用されている。また、モレスキン社ではモレスキン・ブランドの多くの製品を販売している。

モレスキン社の誕生は1997年、副社長のマリア・セブレゴンディは「製品には“物語”があることが重要である」とし、ゴッホやピカソらが使っていたものに似せたノートを売り出すことを思いつき、高価なノートをマスメディアの広告を使用せずに、最近5年では平均26%の売上を記録し、年間1300万冊(2010年)売り上げている。[2]

日本では株式会社エムディーエスが総輸入販売店となっており、ネット通販サイトでも各国業者により展開されている。

モレスキン – Wikipedia

 

「伝説的ノートブック」

 

というキャッチコピーで売り出されていました。

 

僕も初めて知ったときは、ピカソやヘミングウェイが使っていたものと同じかと思って購入しましたが、実際はそれに似せたノートということなんだと。

 

さらに紀行作家のブルース・チャトウィン が「パスポートはなくしてもこのノートはなくせない」と熱烈に推奨したことで一気に有名になったんです。

 

そんなモレスキンが僕の文房具に目覚めるきっかけを作ってくれたのは間違いないです。

 

とあるお店で、モレスキンと出会っていなければ、ここまで文房具が好きになれなかったと思います。

スポンサーリンク

実際に使ってみると…

けど、実際使ってみてどうかというと…。

 

意外と使うのが難しい(;´Д`)

 

モレスキンの使い方って意外と難しいんです。

 

そう。

 

高価すぎて使うときに震える(゚Д゚;)

 

普通のノートなら100円台で買えるものが一般的ですが、

 

モレスキンは安いものでも1000円台からという、とても高価なノートです。

 

そして、そもそも

 

何を書けばいいかわからない

スポンサーリンク

こんな使い方が紹介されていました

どうやって使おうかと思って色々本屋に行って調べたりして、買ったのがこの本。

 

「モレスキン 人生を入れる61の使い方」

 

f:id:gobuichix:20180425123927j:plainf:id:gobuichix:20180425123943j:plain

この本で紹介されている皆さんは

 

とても素敵な使い方をしています。

 

イラストのアイデア

 

猫の絵をひたすら描く

 

ラーメン食べ歩き

 

旅の記録

 

日記

 

レシピ帳

 

スクラップブック

 

心に残った言葉

 

マンホールの蓋の記録

 

などなど、ほんと自由!

 

みんなステキな使い方をされています。

 

モレスキンはハードカバーのものが多く、丈夫で長持ちするし、古くなってもそれはそれで歴史が刻まれてとっても素敵なノートになります。

 

ただ一つ、ここで紹介されている人たちの共通点は、自分の人生で大切なものを詰め込んでいて、そして、モレスキンノートの中でそれが一貫していること。

 

使い方を考えすぎて迷って使えないのはもったいないなって思います。

 

ミーハーでもなんでもとりあえず使ってみる。

 

一番は使っている自分が満足できればいいんです。

 

それが板についたときに、本当にモレスキンのノートが好きになり、使いこなせるようになっているはずです!

 

スマホやパソコンなどのデジタルだけでなく、アナログにはアナログの良さがあるので、それを気持ちよく活かせるのがモレスキンのノートたちです。

 

 

コメント