【JETSTREAM】ペンケースにはジェットストリームのピュアモルト4&1 ウイスキーの歴史香る文房具

JETSTREAM【ジェットストリーム】

ジェットストリームはとても良いペンです

ジェットストリームの多機能ペン4&1のピュアモルトバージョンを買いました。

f:id:gobuichix:20180527153537j:plain

実は今回で5本目。

普通、こういったペンは一回買えば替え芯の交換でずっと使えますが、どこかでなくしてしまったのです(゚Д゚;)

大事に使っていたので、もうかれこれ5年ほど買っては失くし、なくしては買ってを繰り返ているのですが、今回もヘビーユースのため、常にポケットに入れて使っていたので、どこでなくしたのか…

今までの人生で、ここまで肌身離さず使っていたペンはなかったので、かなり落ち込みました(;´д`)

塗装も剥げてあちこち小傷もありましたが、それが逆に僕にとっては戦友のような感じだったのです。

結構探しましたが、見つからないので、またしても5代目に新調することにしました。

ジェットストリームの4&1多機能ペン ピュアモルトオークウッド プレミアムエディション

このシリーズはお馴染みジェットストリームの4&1多機能ペンの、ピュアモルトオークウッド プレミアムエディションで、価格も通常の4&1ペンが¥1,000+税なのに対し、¥2,000+税!

なんとお値段2倍(゚Д゚;)!

ちなみに、この4&1というのは

黒・赤・青・緑のジェットストリームペン&シャープペンです。

僕は好みからボールペン部分は0.7㎜の太い方を使っていますが、0.5㎜の物もあります。

書き心地は、説明不要のジェットストリーム。

当然のように滑らかに紙の上を滑っていきます。

文房具店に行けば替え芯も売っています。

シャープペンに関しては0.5㎜でどちらも共通です。

さて、では通常の4&1多機能ペンと、コレ、

何が違うのかというと、大きく違うのは持つ部分の素材が、木。

しかもサントリーのウイスキーを作る際に実際に使っていた樽材を使用しているのです。

ウイスキーの樽は厳選されたオークの木から作られていて、初めは無色透明のウイスキーが琥珀色に染まり、素晴らしい香味へと昇華するのはこのオーク材のおかげなんです。

f:id:gobuichix:20180527154256j:plain

ウイスキーを育て上げた樽は役目を終えますが、もっと多くの人に大切に使ってほしいとの願いから、このピュアモルト商品が生まれたのです。

f:id:gobuichix:20180527154131j:plain

なんか、新品なのにすでに歴史や想いが詰まった商品なんです(゚Д゚;)

そういう意味では、紛失してしまってほんと申し訳ない。

5年近く使った感想は、このオーク材の持つ部分が経年によってうっすら色落ちしてくるのと、つやが出てくるのが感じられました。

新調した時、そういえばこんなマットな色だったっけなと、思い出しました。

願わくば、どなたか拾っていただいてどこかで使っていてくれれば本望です、ハイ( ゚Д゚)

スポンサーリンク

こんなペンです( *´艸`)

f:id:gobuichix:20180527155818j:plain

上部のキャップもデザインが通常の4&1多機能ペンとは少し違います。

 

f:id:gobuichix:20180527155938j:plain

ちなみに中の消しゴムをとってもそこからシャープペンの芯を補充することはできません(´Д`)

 

f:id:gobuichix:20180527160433j:plain

こっち側をくるくるとはずして、

f:id:gobuichix:20180527160500j:plain

更にシャープペンの部分を引っこ抜くとこんな感じになっているので、ここに芯を補充します(´Д`)

スポンサーリンク

ペンケースにはこれがマストです!

色々なメーカーからいろいろな多機能ペンが出ていますが、書き心地、デザインと総合的に判断した時に、僕はコレ1択しかないです。

ビジネスにも当然なじむコイツは、少々お高いですが、お値段以上(!)の品物で間違いありません!

あまり日本メーカーの文具を使わないのですが、これはほんとにいいペンです!

コメント