2019年!今年買ってよかった文房具はこの2つ!

CASTELLI MILANO【カステリミラノ】

カヴェコ スケッチアップとカステリミラノのノート

2019年もあと数日で終わります( ゚Д゚)

 

いつもこの時期になると頭の中で流れるのはユニコーンの「雪が降る町」

 

年代的にそのくらいの年代なので、今の若い子たちは聞いたこともないかもしれませんが、ありゃ名曲です(ΦωΦ)

 

聞いたことない方は是非どこかで探して聞いてみて下さい。

 

年末から大晦日にかけての、この雰囲気がもしかしたら1年で一番好きかもしれないです。

 

てことで、そんな年末の空気を感じながら一年を振り返ってみると、今年もいろんなステキな文房具に出会いました( ゚Д゚)

 

一番はコレ!っていうのは価格の違いとか、ジャンルの違いもあるのでなかなか選べないですが、今年買ってよかったなと思う文房具を2つ、改めて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【Kaweco】カヴェコ スケッチアップ

まずはずっと前から欲しくて、とうとう手に入れたこれ。

 

いや、どうですかこの佇まい…。

 

元々太い芯が好きで、ファーバーカステルのグラファイト鉛筆や、e+mのクラッチペンシルを愛用していたのですが、やっぱり根底にあるのは、いわゆる鉛筆。

 

僕の原点はトンボ鉛筆のあの黄色い箱に黄緑色のあの鉛筆「8900番」なので、シャープペンシルよりも無性に鉛筆が使いたくなることがあるんです。

 

そういう意味では太い芯のクラッチペンシルは夢のような文房具。

 

カヴェコのスケッチアップはそんなクラッチペンシルの良さに、真鍮の輝きと工業製品的なデザインが上手く合わさっています。

 

こんな理想的な筆記具があったなんてっ( ゚Д゚)!!

 

手に入れるまで、欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくてしょうがなかったのですが、なかなか良い値段がするのと、今まで使っていたクラッチペンしくも相当気に入っていたので、一歩を踏み出す勇気がなかなか出ませんでした。

 

「買わずに後悔するより、買って後悔せよ。」

 

心の中の悪魔のゴブイチも、天使のゴブイチもどちらもそう言っていたので、家族の非難におびえながらも勇気を出して手に入れました。

 

結果はもちろん手に入れて大正解。

 

目立つってのもあり、結構な確率で突っ込まれることへの優越感もさることながら、やっぱり使いやすいっていうのが一番です。

 

芯も5Bが使われているので、書きやすい&描きやすい。

 

スケッチやアイデアを考えているときなんかに使うことが超楽しい。

 

文章を書くことにはあまり向いていないかもしれませんが、それ以外の創造活動に最適な1本です( *´艸`)

 

 

スポンサーリンク

【CASTELLI MILANO】カステリミラノのノート

もう一つは今年大大注目の新上陸のこのノート!

カステリミラノのノート。

 

しかしながら、大注目しているのはもしかして僕だけ?ってくらい僕の周りではだーれも知らない!

 

今のところ販売店舗もごくごくわずかなので、一般の人は大阪に住んでいない限りネットショッピングでしかお目にかかることはないのかもしれません。

 

洋服のセレクトショップで働いている友人にうまいことやってお店で販売してよとそそのかしているのですが、なかなか実行されぬまま現在に至ります。

 

そんな僕の超一押しノートので、今後もブログでしつこく紹介していきます!

 

だって、こんなカッコイイノートが埋もれている感じなのはもったいない!

 

心の底からそう思います。

 

よく、自分だけ知ってる優越感的な気持ちで、人気が出ると文句を言う人とかいますが、僕の場合はどんどん広まって欲しいんです。

 

でも、当然広まっていくキッカケの一つに僕のブログがなっていればいいなと。

 

カステリミラノのノートといえば、ゴブイチのぶんぐブログってなるくらいまで頑張ります!

 

ちなみに、カステリミラノのノート。

 

恥ずかしながら僕まだもったいなくて使えていません(;´・ω・)

 

あまりにもカッコいいノート過ぎてなんですが、

 

でも、2020年はカステリミラノをガンガン使っていきます!

 

 

7mm横罫ノート

 

 

 

5mm方眼ノート

 

 

 

 

コメント