モレスキンより欲しい!最新おしゃれノート( *´艸`)コレクションにもおすすめ!

CASTELLI MILANO【カステリミラノ】

僕が注目する、今年最初に欲しいノート

年号が変って初めてのお正月にコタツで買ってきたばかりの「趣味の文具箱 52号」を読んでいて、紹介されているノートにビビッ( ゚Д゚)!っときてしまったのです。

 

今回、表紙もカッコいいなと。

 

ペリカンのスーベレーン800の限定カラー「ブラウンブラック」が目を引きます。

 

話を戻すと…。

 

ノートといえば、ゴブイチ的にはモレスキンが定番。

 

でも、それ以外にも世の中にはイッパイそそられるノートがあって困ります( *´艸`)

 

このブログではお馴染み(だと思っていますが(;´・ω・))ペーパーブランクスと、カステリミラノのノート。

 

それが、今回の趣味の文具箱に掲載されていました。

スポンサーリンク

カステリミラノ「タタミ」シリーズ

カステリミラノは昨年その存在を知って、2020年は推しノートにしようと心に決めた、北イタリア発の高級デザインノートです( *´艸`)

 

以前のブログでも紹介しているのですが、その中で僕が気になっているのは「シボリ」と「タタミ」のシリーズ!

 

イタリア人が考える和モダンな感じが今までにない斬新でカッコイイ。

 

そんな僕の気持ちとおんなじ特集になっていて嬉しくなってしまいました。

 

【シボリ】シリーズ ※7mm横罫のみ

 

【タタミ】シリーズ ※7mm横罫・5mm方眼

 

僕はMサイズ派ですが、Pというポケットサイズもあります。

 

まずは「シボリ」シリーズ

今は、シボリシリーズの「ジュート」というノートを持っています。

 

でもまだ使えなくてソワソワしています。

 

1つは、単純にまだ使い道が決まっていないから。

 

もう一つはこれが7mm横罫のノートだから。

 

シボリシリーズには7mm横罫しかないのです(;´・ω・)

 

僕はあまり横罫のノートを使わないのでまだ使うに至っていません(;´Д`)

 

ではなぜこれを買ったのかというと、理由は簡単!

 

表紙のデザインが最高にカッコいいから( *´艸`)

 

僕はジーンズとか藍染めが非常に好きなんですが、そういう人は絶対に琴線にふれると思います。

 

出典:https://diamond.gr.jp

シボリシリーズの他のノートも全部カッコいいので、全部欲しいんですが使い道の決まらないノートが増えてしまうので我慢しています。

今年欲しいのは「タタミ」シリーズ

もう一度書きますが、カステリミラノは2020年の推しノートなので、やっぱり使ってなんぼ。

 

そういう意味では5mm方眼なら使っていけます!

 

そんな僕にピッタリなのが「タタミ」シリーズでした。

 

こっちもおんなじくらいカッコイイ!!

 

しかも、こちらは7mm横罫はもちろん、5mm方眼もあるのでコッチなら使い始められそうです(;´・ω・)

 

「タタミ」シリーズは、見た目はタタミっぽいデザインですが、名前はコーヒーぽい。

 

出典:https://diamond.gr.jp

色の濃い順に「ダークエスプレッソ」「ベージュカプチーノ」「ホワイトミルク」

 

タタミなのにコーヒー(゚Д゚)

 

イタリア人ぽい発想で良いじゃないの。

 

タタミ柄のノートなんてなかなか日本人では思いつかないし。

 

近いうちに手に入れてまた紹介したいと思います( *´艸`)

 

ちなみに、表紙はプリントなので、本物の絞り染めや畳ってわけじゃないですが、デザイン的には超秀逸です。

 

細部もこだわって作られているので必要以上の満足度が得られるはず!

スポンサーリンク

ペーパーブランクスの最新のノート「ブライアン・フラウド/いたずら好きな生き物」

もう一つのビビット来ちゃったノートがコレ。

 

B6サイズ

 

B5サイズ

このちょっと薄気味悪い感じのデザインのノート。

 

ペーパーブランクスはカナダ発の高級デザインノート。

 

罫線のノートしかないんですが、僕的にはどちらかというと使うよりもコレクションしたくなるノートです。

 

カステリミラノとなんとなく似た感じの括りになると思いますが、カステリミラノはモダンな感じの模様パターンやデザインが特徴的なのに対し、ペーパーブランクスは西洋アンティークな雰囲気を持ったデザインが多いノートです。

 

どちらもそれぞれ良さがあってほんと困ります( *´艸`)

 

今回良いなって思っているのは、英国のアーティスト ブライアン・フラウドの「いたずら好きな生き物」という作品をカバーにデザインしたものです(下に置いてある方)。

 

とても気持ち悪い( ゚Д゚)

 

けど、カッコイイ!

 

僕が気に入っているのはクリムトの「接吻」という作品をデザインしたノートですが、それに匹敵しそうな予感がします。

 

ペーパーブランクスの表紙は立体的な加工が施されているので、このノートもどんな感じになっているのかとても気になります。

 

サイズはB5とB6があって僕はB6のミディ(130mm×180mm)というサイズをよく買いますが、このデザインならB5のウルトラ(180mm×230mm)というサイズの方がインパクトがあっていいかもしれません(@_@)

 

ぼくはすでにミディサイズの方を注文してあります( *´艸`)

 

写真でもかなりのインパクトなので、実際にどんな感じなのか実物が届くのがとても待ち遠しいです。

 

こちらも、届き次第紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

 

どちらも2020年に、まずは必ず手に入れるであろう2冊の紹介でした。

 

僕はといえば妻さんや子供たちに言わせると、結構マニアックだそうです(;´Д`)

 

(; ゚Д゚)…。

 

今回の2冊もそういわれればそうかもしれないですが、きっとわかってくれる人もいるはず!

コメント