鉛筆の魅力 大人になっても鉛筆を使ってみよう

CARAN d'ACHE【カランダッシュ】

鉛筆の魅力

鉛筆は面倒くさい?

大人になってから鉛筆を使っていますか?

 

鉛筆って、最初は尖っていても使っていくとすぐに太くなってきてしまうし、削るのも面倒くさい(@_@)

 

会社とかではほとんどの場合ボールペンを使うし、鉛筆を使うならシャープペンの方が便利。

 

キャップも買わないとペンケースの中が真っ黒になってしまうし、そのキャップもどこかにいっちゃう。

 

ペン立てに立てたいけど下向きにするとペン立てが汚れるし、上向きにすると気を付けないと刺さります(゚Д゚;)

 

それでも僕はなぜか鉛筆に惹かれます。

スポンサーリンク

大人になって鉛筆を使う意義

鉛筆の良さって何だろうと考えたところ、ぱっと思いつくことがその面倒くささが逆にいいんじゃないかと思います。

 

何でもかんでも効率と便利さだけじゃなくて、ゆっくりと時間を楽しむという意味では、鉛筆は万年筆やその他の趣味と同じくらいの楽しみ方ができると思います。

 

鉛筆の芯が丸くなっていく筆跡の変化を楽しんだり、濃淡を楽しめることもペンではなかなか味わえない楽しみ方です。

 

様々なメーカーや硬度の鉛筆から自分に合った1本を選ぶ事も楽しみの一つ。

 

同じHBの鉛筆でもメーカーによってデザインはもちろん書き味も全く異なるので、自分の好きな鉛筆や自分に合った鉛筆を見つける楽しみがあります。

 

鉛筆を削る時間も考え方ひとつで、とても贅沢な時間になります( *´艸`)

 

ホントに、たかが鉛筆ですが、されど鉛筆( *´艸`)

 

小さいときは鉛筆の種類なんて気にも留めなかったけど、大人になっていろいろ知っていくことによって、鉛筆も様々で奥が深く感じられます( *´艸`)

 

鉛筆を使うことによって子供の頃の気持ちを思い出させてくれるところも鉛筆の魅力です。

スポンサーリンク

大人になったらこんな使い方

小学生の時は筆記具といえば鉛筆1択ぐらいの使い方でしたが、大人になってからは選択肢がかなり広がっているので使い方にもこだわりを持つことができます。

 

僕は基本的には手帳や、会議の時などには使いません。

 

そのあたりはやはりペンや、万年筆の方が使い勝手も良いかと思います。

 

大人になってから、鉛筆を使うシーンは圧倒的に、絵を描くときと考え事をするときの2通りがほとんどです。

 

絵を描く人ならば、硬めの硬度の鉛筆での下書きから、だんだん柔らかい鉛筆に替えていって濃淡の豊かな絵を描いていくことも、大人になってから覚えた、鉛筆ならではの使い方だと思います。

 

アイデアを練ったり、文章の下書きの場合は柔らかめの鉛筆を使えば長時間使っても疲れにくいし、滑らかな書き心地の鉛筆だと思考の邪魔をしません。

 

僕個人的には、鉛筆独特のやさしい筆跡が、文章の下書きや、アイデアをあとで読み返したときなどリラックスした気持ちで読み返すことができるので好きです。

 

スポンサーリンク

オススメ鉛筆

僕は、少し前はファーバーカステ 9000番のBをよく使っていましたが、最近はカランダッシュ テクナロのBとパロミノブラックウイング、ステッドラーのマルスエルゴソフトの太軸をよく使います。

 

特にブラックウイングとマルスエルゴソフトはびっくりするくらい書き味が滑らかで、力を入れなくてもスラスラ書けます。

 

ただ、ブラックウイングは長さがほかの鉛筆よりも長いので、新品だと普通のペンケースには絶対に入りません(゚Д゚;)

 

僕は以前は筆圧が結構強い方でしたが、最近万年筆やジェットストリームを使うことが多くなっているので、最近は筆圧が下がったように思います。

 

そういう意味でも滑らかにかけるブラックウイングとマルスエルゴソフトは今後も僕の中では使用頻度が多い種類の鉛筆だと思います。

 

用途に応じて選ぶ楽しみもあります。

 

絵を描く人ならば、硬めの硬度の鉛筆での下書きから、だんだん柔らかい鉛筆に替えて絵を描いていくことも、鉛筆ならではの使い方だと思います。

 

アイデアを練ったり、文章を書く場合は柔らかめの鉛筆を使えば長時間使っても疲れにくいです( *´艸`)

 

そうは言っても鉛筆を使う本当の価値は?

 

とまあ、いろいろと書き綴ってみましたが、知識はついても足りなくなってしまったものもあります。

 

小さい頃は、どんな鉛筆を使っているのかとか芯の硬さがどうだとか、そんなことは一切関係なしに、ただ純粋に紙に向かって夢中で落書きをすることが楽しかったのに、大人になるとできなくなっちゃったなと思います。

 

それは時間の制約だったり、自分自身の気持ちだったり、いらない知識のせいだったりと色々ありますが、それでも、大人になってから鉛筆を使うと、小さい頃の自分に少しだけ戻れるような感じがします。

 

鉛筆を使うことによって、忘れていたステキな時間の使い方を思い出すことができます。

 

このブログを読んで鉛筆を使ってみようかなとか、ちょっと気になるなと思ってもらえたらいいなと思いまっす!

コメント