カヴェコのブラスシリーズ2年半使って判った良いところ・悪いところ その②

Kaweco【カヴェコ】

カヴェコのブラスシリーズの良いところ・悪いところ【悪いところ編】

前回のブログの続きです( *´艸`)

 

僕のカヴェコ愛がたくさん詰まったブログですが、まだ前回のブログを読んでいない方はそちらからご覧ください(ΦωΦ)

カヴェコのブラスシリーズ2年半使って判った良いところ・悪いところ その①
カヴェコのブラスシリーズの良いところ・悪いところ【良いところ編】 僕の愛用NO.1筆記具ブランドといえば「Kaweco/カヴェコ」!! 今まで様々な筆記具を試してきましたが、ある意味到達点にたどり着いた感があります。 ...

 

さてここからはカヴェコのブラスシリーズが好き故に、ちょっと気になるところや残念なところを語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ここが気になる

まずは気にならなちょっと気になるところです。

 

まあこれに関してはしょうがないなということをサラッと語ります

 

金属臭が…

まずは、当たり前のこれ。

 

真鍮製品なのでしょうがないのですが、とにかく使用後は手が金属臭(;´・ω・)

 

硬貨をたくさん手で触った後と同じ現象です。

 

当然手を洗わないとなかなか金属臭が取れません。

 

筆記具を使った後に手を洗う習慣はなかなかないと思いますが、良い習慣になると思って割り切りましょう。

 

金属の擦れる感触が…

これは僕しかないかもしれませんが、ブラススポーツのキャップを外して軸尻に装着する時や使い終わってキャップを元に戻して閉めるときに金属の擦れる感触が少しあります(ΦωΦ)

 

たとえるなら、黒板を爪で引っ掻く感じのマイルド版です(;´Д`)

 

碁石同士が擦れる感じとか。

 

思い出しただけでもゾワゾワします(*_*)

 

そこまで酷くはないですが、敏感な方は注意デス。

 

スポンサーリンク

ここが残念

次に残念なところ。

 

まあこれはいつか改善されると信じて僕はカヴェコのブラスシリーズを使い続けます!

 

ペンシルスペシャルの素材感が…

ペンシルスペシャルももちろんお気に入りなんですが、その細身のボディーのためか、価格設定のためか、他の製品と比べるとやや素材の感じがチープに感じてしまいます。

 

特に表面の処理に無骨さが足りないというか。

 

もう少し価格が高くなっても良いのでずっしりした重みが欲しかったなと個人的には思います。

 

ペンシルスペシャルの刻印も残念なんです。

 

最初はピカピカでカッコよく文字が見えます。

 

細身ゆえに真鍮の厚みがないせいもあると思いますが、刻印がプリント?のように表面にのっているだけなので、気づいたときにはどっかいっちゃいました(;´Д`)

 

よーく見るとうっすらと見えますが、もう少し何とかしてほしいなって思います。

 

せっかく刻印もカッコいいんだから。

 

スケッチアップが…

良くもあり、悪くもあることですが、スケッチアップはバイカラーのデザインになっています。

 

これはこれで超カッコいいんです。

 

このバイカラーは僕も好きです。

 

けど、どうせならオール真鍮のスケッチアップもあったらいいなと思います。

 

まあクラッチペンシルの機構的に難しいのかなとは思いますが、どうしても真鍮以外のパーツが軽く感じちゃいます。

 

いつかそんな製品が出ればいいなと思います。

 

わりと部品が外れやすい

結構すぐに部品が緩みやすいです。

 

これもしょうがないのかもしれませんが、ぐらぐらしたり隙間があって書きにくいってことじゃないんです。

 

そういう剛性感は高いんです。

 

じゃなくて、いつの間にかペン先と軸のネジ部分が緩んでいたりするんで締めなおすことがよくあります。

 

スポンサーリンク

逆に言えばそれくらいしか思いつきませんてことです

結局たいした悪いところはないっていうのが本音なんですが。

 

それだけ所有欲が満たされています。

 

僕と同世代の人やそれ以上に若い人にもほんとに使ってほしいおススメの筆記具なんです。

 

この絶妙な高級感と味のある道具感を持っている筆記具はカヴェコのブラスシリーズ以外に思いつかないです。

 

前回のブログにも書きましたが、もちろんカヴェコのブラスじゃないやつとか他のブランドの筆記具もカッコいいし、僕もたくさん愛用しています。

 

でも、やっぱりいいんだよなコレが( *´艸`)

 

 

 

 

 

コメント