キモ怖いィィ(゚Д゚;)でもオシャレなペーパーブランクスの最新ノート ”いたずら好きな生き物”【paper blanks】

paper blanks【ペーパーブランクス】

ペーパーブランクス「いたずら好きな生き物」

ブライアン・フラウドって人知っていますか?

 

僕は全然知りませんでした(;´Д`)

 

この人は、イギリスのファンタジーイラストレーターで、1947年生まれなのでもう結構なベテランの方なのですが、その絵が独特の世界観があるのです。

 

短く言うと、気持ち悪いし怖い感じのイラスト。

 

それでいてカッコイイ(゚Д゚)ノ

 

もうすっかりファンになってしまいました( *´艸`)

 

今回はそんなブライアン・フラウドの作品をフィーチャーしたペーパーブランクスのノートを紹介します!

スポンサーリンク

ブライアン・フラウドってこんな絵を描く人です

ブライアン・フラウドを調べてみたのですが、なかなか詳細は出てきませんでした。

 

ただ、作品は色々出てきました( *´艸`)

 

こんな感じの妖精の絵やちょっと怖いトロールの絵で世界的に有名な方のようです。

 

ご本人の写真はとっても人が良いおじいちゃんて感じの方でした( *´艸`)

 

キモ怖いような絵や、かわいらしいフェアリーの絵を描く方ですが、ペーパーブランクスが選んだ絵はこちら。

スポンサーリンク

ブライアン・フラウド「FAERIELANDS/いたずら好きな生き物」

これです。

 

キモ怖い方(゚Д゚;)!

 

どうせならかわいらしい妖精方も作って欲しかったのですが、でも、コチラもとても良い感じのノートです。

 

僕が手に入れたのはミディサイズという、A6くらいのサイズのノート。

 

このノートにはもう一つウルトラというA5サイズのものもあります。

 

裏面はこちら。

 

これが、絵にそってカバーが立体的に凸凹しています。

 

しかも、よくみると色が白に近い部分の印刷がホログラムで虹色に光るような加工がされています。

 

アップにすると結構迫力がある作品ですな(゚Д゚;)

 

これだけ見ていると、まるで絵本か洋書の小説に思えてしまうくらいのしっかりとした作りです。

 

中身は他のペーパーブランクスのノートと同じだと思います。

 

思いますというのは、まだ開封する予定がないので実際のところは分からないので想像です(;´Д`)

 

ペーパーブランクスのノートに関しては他の記事でも色々と取り上げているので、気になる方は方はそちらもご覧ください。

↓ ↓ ↓

 

完全にコレクション用に手に入れたノートなのでとても満足しています( *´艸`)

スポンサーリンク

ちなみに

僕の文章が稚拙だからなのか(当然それはありますが)、マニアック過ぎでなかなか伝わりにくいからなのか、ペーパーブランクスの記事を書いたとき、ほかの記事と比べて閲覧数が少ない傾向にあります。

 

やっぱり、モレスキンとか、ラミーとかそっちの方が世の中の人は興味あるのかなと思いますが、こんなに良いノートがあるってことを、これからもしつこく紹介していきます(゚Д゚)ノ

 

あ、もちろん今年はカステリミラノのノートも超プッシュですよー(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

コメント