【STAEDTLR】 ステッドラーの鉛筆は種類もいっぱい

STAEDTLER【ステッドラー】

ステッドラーの鉛筆

大きな文房具店に行くと必ずと言っていいほどステッドラーの鉛筆が売っていますよね。

 

ステッドラーの鉛筆といえば、マルス ルモグラフが代表的ですが、ほかにもいろいろあるって知っていましたか?

 

なんとなく気になって、見つけては買いだめしていたので、紹介します。

 

マルス ルモグラフ

まずはなんと言っても、ステッドラーといえばこれ!

マルス ルモグラフ

 

実は、ステッドラーはマルスという名前を商品名に着けるのは、最高級の商品だけという社内のルールがあって、このルモグラフはマルスの名前を冠しています( ゚Д゚)

 

 

あと、外国製の鉛筆の多くは売られている状態ですでに鉛筆が削られているものが多いのですが、このマルス ルモグラフは珍しく削られていません。

 

鮮やかな青い色が特徴のマルスルモグラフは、ライバルのコヒノール社の黄色い鉛筆に対抗して青色にしたそうです。

 

マルス ルモグラフは製図の仕事をする人やデザイナーの支持が高い鉛筆で、お値段もやや高め。

 

以前紹介した、パロミノ ブラックウイングの方が値段的にはさらに上をいきますが、100年以上愛されている鉛筆として、紙への定着もよく描き味やデザインも申し分ないです( *´艸`)

 

マルス ルモグラフ ブラックは通常の鉛筆と違って、光沢のない木炭のような濃い黒で描画することができ、描画用の高級鉛筆です。

 

どちらもデザインも含めてかっこいい鉛筆です(´Д`)

 

スポンサーリンク

トラディション

次がトラディション!

マルス ルモグラフが、その道のプロフェッショナル用の鉛筆だとしたら、こちらは一般の人向けの鉛筆といった感じです。

 

そうはいっても、赤黒金の配色が何とも外国の鉛筆感があって好きです( *´艸`)

 

お値段も半分。

 

こちらは例にならってすでに削られた状態で売られています。

 

これぞ外国の鉛筆といった感じのデザインのトラディション。

 

スポンサーリンク

ウォペックス

次は変わり種の鉛筆ウォペックス!

実際に使ってみると、質感が変わっていることに驚きます(゚Д゚;)

 

なんか、偽物の鉛筆のような、ゴムでできた鉛筆のような…。

 

芯や軸、塗装部すべてに樹脂が混ぜ込んであり、不思議な触感。

 

おもちゃの鉛筆といいますか、なんと言いますか、とにかく変わってます

 

 

チップ上に加工した芯、軸塗装部を、一体成型で棒状に押し出し凝縮しながら作るため、密度が高く芯も減りずらいし、折れにくい!

 

普通の鉛筆なら芯がペキャッと折れそうなくらい筆圧をかけても全然平気感が伝わってきます。

 

ウォペックスは廃材を使っているので、とってもエコロジーな鉛筆です。

 

スポンサーリンク

マルス エルゴソフト

最後はこれ!

マルス エルゴソフト

 

 

ん?(゚Д゚;)

 

マルス?

 

あれ、これマルスってことは、最高級シリーズですか。

 

確かにお値段はルモグラフよりもお高いです。

 

けど、売られ方が雑な感じで、文字の塗装も剥げているものが多かったし、独特のゴムっぽい塗装のおかげでゴミや汚れが付きやすいからテッキリそんなに大したことない鉛筆だと思ってました。

 

失礼しました。

 

そんなことないんです。

 

人間工学に基づいた三角形の形だし、表面の塗装は確かにゴムみたいな感じの触り心地で、グリップ感もいい感じに思えてきました(ΦωΦ)。

 

いや、

 

いい感じです!

 

このエルゴソフトは、通常の太さと、太軸の2種類あります。

 

個人的には太軸がとっても書きやすい。

 

描き心地も滑らか(ΦωΦ)

 

太軸の方は硬度が2Bしかなく、表記すらされていないです(;´Д`)

 

潔くていい感じです!

 

さすがマルス エルゴソフト!

 

他にもまだ種類があるみたいなので、見つけたらブログに書けたらと思います。

 

コメント