岡崎にある万年筆と文房具のお店【ペンズ アレイ タケウチ】さんは時間が経つのを忘れるステキなお店です( *´艸`)

文房具の話

岡崎にあるステキな文具屋さん

思い立ったが吉日!

家から高速道路を使って約一時間(;´・ω・)

愛知県岡崎市にある、【PEN’S ALLEY Takeuchi /ペンズ アレイ タケウチ】さんに初めて行ってきました。

憧れのペンズアレイタケウチさん(´Д`)

お店の名前は「ペンの小道」っていう意味だそうです。

こんなカッコイイお店です( *´艸`)

万年筆がたくさん置いてあって、筆記具中心のこだわり文房具店でとてもいいお店だってことはネット情報でなんとなく知っていました。

結構遠いので、行きたい気持ちはあるのもも、なかなか足は向きませんでした。

が、しかし!昨夜この雑誌を読んで、手書きの良さを僕も是非味わいたいし、いつかは自分にぴったりな万年筆に出会いたいなと思いながら寝落ち!

そんな感じだったので、今朝は

がばしっ( ;3Д3)ノ  !!

と起きて行くことができました( *´艸`)

憧れの有名人に会いに行くような感覚で、お店につく前から楽しみ半分ドキドキ半分で緊張気味だったので、

店内にはおっきなLAMY Lxの置物があったりして撮影OKなのに、一切取り忘れてました(;´Д`)

スポンサーリンク

ドキドキしながら入店!

さっそく入り口に向かいます。

自動ドアが開いたときに鳥の鳴き声音がしてビクッ!(゚Д゚;)としてしまいました。

まずはどこを見ればいいのかわからないので1階から。

来年の手帳とお手紙系の紙製品がメインだったので、軽く一回りしてから2階へ。

階段を上がると、さっそくでっかいLAMY Lx!

おー、スゲー( ゚Д゚)って思っていたら、また2階の階段上がった所でまたしても鳥の鳴き声音の不意打ちにビクッ!(゚Д゚;)。

さすが有名店は違います(ΦωΦ;)

とりあえず万年筆が売ってそうな方に足を進めます。

おー、ビスコンティ!

雑誌でしか見たことないような万年筆がずらり!

( ゚д゚)ポカーン

ペリカンもイッパイ、モンブランもイッパイ、カランダッシュもデュポンもラミーもアウロラもよくわかんないのもイッパイね( ゚Д゚)

90万円以上もする万年筆もあるしガラスペンや地元の工房のモノも置かれていました。

違うコーナーには、ロットリングやe+mの製品もあるし、紙製品もモレスキンやライフのノーブルノート、ペーパーブランクスなどのコーナーも。

かといえば、子供用のかわいい文房具も混在してるので、地元に根付いたとっても愛されている文房具店なんだなって思いました。

スポンサーリンク

タケウチさん(多分)登場!!

そんなこんなで、軽く1時間以上興味津々で店内を何周もウロウロしていたら、お店の女性が話しかけてきてくれました。

正確には分りませんが、見た目や品のある振る舞いや、特に万年筆に対する愛情がとても感じられる方だったのできっとここのお店の社長の奥様的な方だと想像(゚Д゚)ノ

おそらくきっとタケウチさんです!

だってネックレスが万年筆のペン先だったもん(゚Д゚)ノ

きっかけは、僕が買いたい商品を持ったままペリカンの万年筆を物欲しそうな目で眺めていたら、タケウチさん(仮)が

「お持ちの商品お預かりましょうか?」からの

タケウチさん「ペンがお好きなんですか?」

ゴブイチ「好きといえば好きなんですが、まだ自分には分不相応だと思っていますんで、ハイ(;´・ω・)」

タケウチさん「試し書きもできるんで良かったらお掛けになって試されてはいかがですか?」

ゴブイチ「えっ?!いいんですか?ぜひ書いてみたいです( *´艸`)」

という感じで、万年筆の試し書きをさせていただきました( *´艸`)

今日はまだ買うつもりがないことを伝えたんですが、とっても親切に教えてくれました。

万年筆はいろいろあって、出会いが大切だからなるべく色々試してから購入した方がいいですよとか、

色々なペン先、メーカーの万年筆を出してきてくれて書き心地を比べさせてくれました。

単純に、金のペン先だから良くて、スチールのペン先だからイマイチということではないってことを教えてくれました。

知識がすごく豊富で僕が以前ユーチューブで見た万年筆の動画のペンの名前がわからなかったら、

それは「NAMIKIのファルカンですよ」って即答(゚Д゚;)

そうそう、そんな名前でした。

好きな書き心地で、好きなデザインのペンに出会えたら一番いいけど、

そうじゃなければ好きな書き心地を選ぶか、

好きなデザインのペンを買って、「自分がその子の書き心地を好きになっていく」

っていう話はほんとに万年筆が好きな人なんだなって思えました。

そんなタケウチさんの一番のお気に入りはどれですかって聞いたら、

沢山ありすぎて選べないって言ってました。

イッパイ彼氏がいるようなもんですな(ΦωΦ)

人によっては万年筆のインクの瓶を見ながら酒が飲めるって話とか、

ペリカンの万年筆のインクの吸入の仕方を教えてくれたり、

私物のペリカンのスーベレーンで試し書きさせてくれたり。

他にも、使わないけどついつい気になるノートを買っちゃう話を僕がしたら、タケウチさんもわかってくれて、

タケウチさんの場合、

死ぬまでには絶対使い終わらないくらい持っているそうです(゚Д゚;)

スポンサーリンク

共感してくれたこと

僕が買おうとしてたペーパーブランクスのノートをタケウチさんも持っていたり、

僕だけかと思っていた文房具に対する癖が、タケウチさんはさらに上をいくディープな感じでとっても共感してくれました。

いままで知り合いや友人とはこんな話は出来なかったのでうれしすぎて涙がちょちょ切れちゃいます( *´艸`)

気が付けば入店してからあっという間の3時間!

もまだまだ見足りない感じでしたが、次の用事が控えていたので帰ることにしました。

会計の時に、買ったノートと一緒にいろいろな万年筆のメーカーのカタログを袋に入れてくれました( *´艸`)

 

万年筆を買うときは絶対にこういう安心感があってなお店で買うべきだなってつくづく思いました。

僕がいつか高級万年筆を買う時が来たら、

必ずペンズ アレイ タケウチで買います!

ホントに素敵なお店です。

万年筆以外もまだまだたくさん興味あるものが置いてあるので、ちょこちょこ通おうと思います。

ペンズ アレイ タケウチでゲットしたモノはまた後日紹介したいと思います( *´艸`)

 

スポンサーリンク














文房具の話
ゴブイチをフォローする
ゴブイチ の ぶんぐ ブログ

コメント