【LEUCHTTURM1917】【MOLESKINE】ロイヒトトゥルムとモレスキン 気になりすぎて買って比べてみました

LEUCHTTURM【ロイヒトトゥルム】

モレスキンとロイヒトトゥルム

気になりすぎて買っちゃいました

僕はモレスキンのノートが好きです。

以前にも、モレスキンとロイヒトトゥルム、どっちか選ぶならモレスキン1択と豪語しております。

今でも当然その気持ちに変わりはないです( *´艸`)

が、しかしです。

ロイヒトトゥルムも気になる(ΦωΦ)

そりゃそうです。

モレスキンが好きなんですが、最近あちこちの文房具店でロイヒトトゥルムを見るようになってきたんで。

か、買っちゃいました( ゚Д゚)

ロイヒトトゥルム1917!

カラーはエメラルド!

ロイヒトトゥルムのノートはこの色が一番いいなと思います。

もちろんカラーはいろいろあるので迷っちゃいましたが、小さいころからエメラルドグリーンが好きなんです。

で、買っちまったんで、モレスキンと比べてみました。

スポンサーリンク

モレスキンとロイヒトトゥルム比べていろいろ分かりました

まずはサイズ。

モレスキン13㎝×21㎝

ロイヒトトゥルム 14.5㎝×21㎝

 

ロイヒトトゥルムの方が横幅が大きいです( ゚Д゚)

持った感じもロイヒトトゥルムの方が明らかに大きく感じます。

 

刻印は写真ではわかりづらいですが、モレスキンの方がはっきりと見えやすいです。

 

モレスキン。

表紙を開けると、お決まりの失くした時のアレです。

 

ロイヒトトゥルム。

名前と住所ですな。

 

からの目次!

これがロイヒトトゥルムの特徴です。

 

ロイヒトトゥルムのノートにはこんな風にページがふってあるので、目次のところに何ページに何を書いてあるか記入できるようになっています。(ΦωΦ)

これはとっても便利だし、自分で一冊の本を作り上げていくような感じでなんだかワクワクします。

僕の場合はイラストという名の落書きをしたり、とりとめもないことをなんとなく書くことが多いので、あんまり目次のページは意味をなさないかもしれないですが、必要な人にとってはすごく助かる部分だと思います。

ロイヒトトゥルムのノートなら、中に何を書いてあるか目次で探しやすいので、多忙なサラリーマンの方にとっては検索にかかる時間を大幅に短縮できそうです。

 

モレスキン。

スピンは1本。

このホワイトのモレスキンはボディーに合わせて白いスピンが1本。

 

ロイヒトトゥルムは2本!

ボディーと同色のものと、縦縞の入ったスピンの計2本。

ズボラな僕にとっては2本あるとあっちもこっちもしおりを挟む人にはお勧めのポイントです。

 

モレスキン。

付属品はいたってシンプル。

トリセツ的なものとシールが1枚。

 

ロイヒトトゥルム。

なんかいっぱい入ってる(゚Д゚;)

右下のシールはタイトルをつけてノートに貼れるので便利です。

あとのものはなんだかよくわかりませんが、高いノートだけあってつくりもしっかりしています。

最終ページのポケットはモレスキン、ロイヒトトゥルム共に丈夫にできています。

スポンサーリンク

どっちがオススメ!?

結論から言うと、どっちもとってもいいノートです( *´艸`)

こんな感じのモレスキンとロイヒトトゥルム。

知名度的にはやっぱりモレスキン。

ロイヒトトゥルムはまだそこまで広まっていないのでマニアックな人と違うものがいいという人はいいかも。

品質的にモレスキンよりも優れている部分も多いので、モレスキンじゃなきゃ嫌だという人以外にはとってもおススメ。

高額なノートですが、どちらも持つ価値はあると思います。

書き心地についてはまた後日ブログを書こうと思います。

それにしてもロイヒトトゥルムはやっぱりこの色がいいなー。

 

コメント