【STAEDTLER】スレッドラーの鉛筆型消しゴム マルスレーザー!とにかくピンポイントで消せる!

STAEDTLER【ステッドラー】

ステッドラーのマルスレーザー

もうかなりブログにも書いていますが、僕は鉛筆が好きです。

 

社会人になってから、なかなか鉛筆を使う機会も減りましたが、それでもかなり使っている方だと思います。

 

そして、当然ですが鉛筆といえば、消しゴムも必需品!

 

当然消しゴムにもこだわりを持ってい…、

 

い…、

 

い…(゚Д゚;)

 

いませんでした(ΦωΦ;)

スポンサーリンク

僕の使っている消しゴム

まあ、そうは言っても消しゴムは使っています。

 

使っている消しゴムはこの3つ!

 

シードのレーダー、ファーバーカステルのプラスチックイレーサー、ぺんてるのアイン サラの3つデス( ゚Д゚)

 

シードは、プラスティック消しゴムの元祖的なブランドなのでとっても使いやすいことはもちろんですし、デザインもカッコいい。

 

ザ・消しゴムって感じです。

 

ファーバーカステルは、大きな文房具店で見つけて、あまりリアル店舗では売っていないので買って使っています。

 

カドが面取りしてあってデザイン的にもカッコいいし、よく消えます。

 

消しかすは素朴な感じのカスが出ます。

 

ぺんてるのは、細かい部分消すときに使おうと思って買いました。

 

よく消えるのは問題ないのですが、やっぱり細いだけあって筆圧の強い僕が使うとふにゃふにゃするし、すぐに欠けるしで、ちょっと使いずらいかなって印象です(;´Д`)

 

でも細かいところもうまく消したい…。

 

そんな時に見つけたのが、ステッドラーの消しゴムです( *´艸`)

スポンサーリンク

ステッドラーのマルスレーサーはこんな消しゴム

そう、このステッドラーのマルスレーサーは鉛筆型の消しゴムです。

接写したので先がぼけています(;´Д`)

 

ステッドラーのお決まりの青いボディーが映えます( *´艸`)

 

 

先はこんな感じです。

 

外国製の鉛筆によくあるように、もともと削られた状態で売っています。

 

消しゴム自体は硬めで、筆圧の強い僕でも難なく使えます。

 

当然ですが、鉛筆削りで普通に削って使うことができます。

 

もともとは製図用品なので、細かい線を修正したりするのにとっても便利な代物です。

 

プロ仕様!

 

そう、「Mars rasor」

 

ステッドラーは最高級の商品にのみ「Mars」をつける社内ルールがあるそうなので、このマルスレーサーもステッドラーの最高級品のうちの一つということになります( *´艸`)

 

特徴としてはこのハケ!

 

さすが製図用なのでこういうところも使いやすくなっています。

 

パロミノのブラックウイング602とセットで使っていてもとてもカッコいいと思います。

 

でもブラックウイングには消しゴムがついているじゃんていう野暮なことはここでは言わないでくださいませ(ΦωΦ)

 

前までは軸の後端に何かついている鉛筆はカッコ悪いと思っていましたが、こうしてみてみるとカッコイイです。

スポンサーリンク

余談ですが

さっき、ハケと文字を打ってみて気付いたのですが、

 

ハケとハゲ。

 

ちょっとした違いですが大違いでした。

 

ハケには毛があり、ハゲには毛がない。

 

しかしながら、文字にするとハケには毛がない(゛のことです)のにハゲには毛がある…。

 

皮肉なもんです(゚Д゚)

 

 

コメント