【TOOLS to LIVEBY】台湾のおしゃれ文具 ツールストゥリブバイのハサミがカッコイイ!

TOOLS to LIVEBY【ツールス トゥ リブバイ】

TOOLS to LIVEBY(ツールストゥリブバイ)のハサミ「SCISSORS 8」

ツールストゥリブバイってどんなブランド?

世の中に文房具メーカーはたくさんありますが、台湾発の文具メーカーがとても気になります( *´艸`)。

その名は”TOOLS to LIVEBY”

「ツールストゥリブバイ」って読みます。

台湾の文房具屋のオーナー、マルコさんとカレンさんが手がけるブランドです。

 

文房具好きで知られる二人が、2013年にオープンした「禮拜(レイバイ)文房具」というお店のオリジナルブランドがこの「TOOLS to LIVEBY」

 

「TOOLS to LIVEBY」は古いものに新しさを見出し、時代の感性でリプロダクト化する」というコンセプトの文房具です(゚Д゚)ノ

 

カッコイイ…(゚Д゚;)

 

確かに、昔の懐かしいデザインのような、でも新しいデザインのようなそんなプロダクトです。

 

この二人はもともとデザイナーであったため、商品やパッケージにも二人のこだわりがとても詰まっていて、魅力あふれるステキなモノいばかりです( *´艸`)

 

こんな二人の手掛けるTOOLS to LIVEBY のハサミがとってもカッコいいんです( *´艸`)

スポンサーリンク

シザーズ 8はこんなカッコイイハサミです

それがこのシザーズ8

 

まずはその箱がカッコイイ( *´艸`)!

 

チョークアートとか、看板アートにありそうな感じの古き良き的なデザインです。

 

中身を取り出すと…。

からの、

カッコイイ!!

 

持ち手の部分が大きくて特徴的な形をしたハサミです( ゚Д゚)

 

刃渡りは10㎝くらいあるのでかなり長いです。

 

刃の部分にブランドロゴの刻印がありますが、これもまたカッコイイ!

 

このブランドのロゴのフォントもシンプルだけど、特徴的なフォントでとっても気に入っています( *´艸`)

 

マットなブラックボディーがとてもファッショナブルで、持ち手の部分にはゴムの滑り止めがついていて、力をしっかりとは先に伝えられるようになっています。

 

このシザーズ8にはブラック以外にも、ゴールドのボディーのものもありますが、僕は一目見た時からこのブラックに決めていました( *´艸`)

 

よく通っていた文房具屋さんでこのハサミを見つけたときはしばらく見入ってしまいました( ゚Д゚)

 

けど、価格もそれなりにするし、そもそもハサミは私生活でそこまで頻繁に登場するものでもないのでなかなか手に入れるまでには至りませんでした。

 

でも1年以上ずーっとその状態で、ずーと欲しかったので、ちょっとした自分へのご褒美的な感じで手に入れました。

スポンサーリンク

使い心地は?

シザーズ8は、まずは手にとった時に、思いのほかしっくりと手になじむことにビックリしました。

 

手の大きな僕にも、中学生の娘にも扱いやすいハサミです。

 

そして、その滑らかな刃の動きにさらにビックリ!

 

娘も、

 

「なにこれすごーい(=゚ω゚)ノ」

 

と、しきりに感動していました。

 

なかなか娘に喜ばれたり、会話も減ってきている今日この頃なので久しぶりのその娘の姿に自分が褒められているかのような錯覚に陥ってしまいました(@_@)

 

それほどの滑らかな操作感のこのシザーズ8は、それもそのはず、はさみの部分は日本製なんです。

 

普通のハサミと比べても「刃物感」がかなりのもんです。

 

切れ味も文句なし!

 

といいたいところですが、刃先が長いためさすがに先っちょあたりでは力が結構いるので、子供や女性には使いづらいこともあるかもしれないです(@_@)

 

もちろん根元からは先の3㎝くらい手前までは文句のない切れ味で、力もほとんどいりません(@_@)

 

デザインの良さも含めればその点は目を瞑っても全然いいと思います。

 

あとは、逆にその刃先の長さのおかげで、直線に切ることはとっても得意なハサミです。

 

ブレもほとんどなく気持ちいいくらいにまっすぐ切れます。

 

紙を直線に沿って真っすぐ切るるにはもってこいだと思います。

 

TOOLS to LIVEBY のこの統一されたデザインがとてもいいと思います( *´艸`)

 

ハサミは他にも数種類発売されているので、また自分へのご褒美的な感じで手に入れられたらいいなって思っています。

 

 

コメント