モンキー・パンチさん死亡…( ゚Д゚) ルパン三世と僕

その他

ルパン三世と僕

ルパン三世の原作者の、漫画家のモンキーパンチさんが2019年4月11日に81歳で亡くなったそうです(;´・ω・)

 

ルパン三世は僕が大好きな漫画だったのでとてもショックです。

 

あちこちで報道されていたので、詳しい内容はアレですが、僕の思い出を少しばかり書きたくなりました。

 

以下敬称略です。

 

スポンサーリンク

モンキー・パンチを知ったキッカケはもちろんルパン三世

さっき「漫画」と書いたのは、僕はモンキーパンチの描く絵がとても好きだったからです。

 

もちろん僕がルパン三世を知ったのは子供の頃にやっていたTVアニメが最初です。

 

赤ルパンの頃なので、TVの第2シリーズですか( ゚Д゚)

 

当時は色々見ていたアニメの中の一つという程度で、面白かったけどそこまで好きっていうわけではなかったです。

 

小さいながらに、いつも画面に出てくる「モンキー・パンチ」という名前が印象的でした。

 

その名のごとくとてもパンチのある名前なので、きっとアフロヘアーで背の高い外国人だと思っていて、親に日本人だよと教えられても全く信じませんでした。

 

そもそもペンネームの存在も知らなかったので、キン肉マンの原作者の「ゆでたまご」とか、ドラえもんの「藤子不二雄」とかもそういう人がいると思っていたので、実は2人だよって聞いたときは割とショック受けました(゚Д゚;)

 

モンキーパンチも加藤一彦という人だよと聞いたときはしばらくは信じられませんでした。

 

スポンサーリンク

再びルパン三世が。そしてモンキー・パンチが。

 

大きくなり大学生の頃、その時はもうすっかり思い出になっていたルパン三世。

 

2000年頃だったと思いますが、アニメのルパン三世の音楽のリミックス「PUNCH THE MONKEY」が発売されました。

 

テクノ的な音楽を知り始めた時期と重なったので、それがすごく衝撃的でカッコよかったのであえてレコードで買って、家でひたすら聞いていました。

 

もちろんそのレコードもまだ大切に持っています。

 

久しぶりに棚から引っ張り出してきてみましたが、いや、懐かしい…。

 

あの頃友達と宅飲みして騒いでいたことや、一人で部屋を暗くして聞いていたこととか結構鮮明に思い出します。

 

丁度同じくらいの時期に、本屋でたまたま文庫本サイズになった、漫画のルパン三世を見つけて、思わず買ってみたことがモンキー・パンチさんの絵を知るきっかけになりました。

 

僕が知っているアニメのルパンと違って、アニメ以上にアダルトな内容も多いことと、キャラクターの設定も結構違うなっていうのが最初の印象でした。

 

ちなみに♂と♀のマークがどっちがどっちか区別がつくようになったのはルパンの漫画のおかげです( *´艸`)イヤーン

 

知りたい方は実際に読んでみて下さい。

 

銭形警部はアニメだとオッチョコチョイで間抜けな感じな設定なのに、漫画だと結構凄腕の警部デス(゚Д゚;)

 

最近のアニメパート5では原作の銭形警部に近い設定になっていますが。

 

そして、それらアニメとの違い以上に僕に衝撃を与えたのがその絵です。

 

一見雑な絵に見えるのですが、じっくり見ると、登場人物の歩き方や動きの描写や服のシワや指先の動きに至るまでとても緻密に描かれています。

 

一コマの中でまるでキャラクターが動いているようなそんな錯覚に陥るくらいすごいです。

 

しかもとてもカッコイイ!!

 

こんな絵が描けたらどんなにいいだろうと心の底から思います。

 

当時の感覚は、ルパン三世の漫画を見てしまってからは、ほかの漫画が急にスカスカの絵に見えてきてしまったほどでした(ΦωΦ)

 

そして、ストーリーもとても面白くて、アニメで今でも名作とされている回のものも、漫画の原作で見るとよりカッコいいし感動できるし笑えるものが多く、ほんとモンキー・パンチスゲーなって思っていました。

 

それは今でも同じ気持ちです。

 

絵の好きな漫画を選べと言われたら、間違いなくルパン三世を選びます( *´艸`)

スポンサーリンク

今回の訃報を知って

最近たまたま久しぶりにルパン三世の漫画をまた読んでいたので、今回の訃報がよりグサリと心に刺さりました。

 

間違いなく、僕の絵の描き方に影響を与えてくれたし、ルパン三世のカッコよさは僕の人生にも少なからず影響を与えてくれました。

 

僕も大人になって、普通に寿命を考えたら人生の折り返し地点あたりにいると思います。

 

今までそこにいて当然だった人や、在って当たり前だと思っていた事やモノがなくなってしまうことを感じることが多くなってきました。

 

ついこの前もノートルダム大聖堂が火災で大変なことになっていましたし。

 

ほんと、人生なんとなく生きてたらとっても勿体ないなーって思います(ΦωΦ)

 

「時は金なり」と言いますが、どっちかというと「時は命なり」(ΦωΦ)

 

一日一日を大切に生きていきたいです。

 

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

コメント