【LAMY】ラミーサファリ万年筆とインク補充を楽しむ!両用式の上手な使い方

LAMY【ラミー】

ラミーサファリを持ち歩く

ラミーの代表作といえばサファリ!

 

特に万年筆はコレクターの方も多くとっても人気の筆記具の一つです( *´艸`)

 

僕もラミーの万年筆は何本か持っています。

スポンサーリンク

今回、新年度に向けてサファリのスケルトンカラーの万年筆を手に入れました。

 

それがコレ!

ラミー サファリ スケルトンカラー M字

 

ちなみにこのスケルトンカラーを日本では「ラミー サファリ スケルトン」といいますが、海外では「ラミー ビスタ(LAMY vista)」といいます。

 

ラミー サファリは他の万年筆と比べて手に入れやすい価格帯ですが、その割にデザインといいクオリティーといいかなりお値段以上デス( *´艸`)

 

いかにも、ドイツの工業製品って感じがとってもナイスです。

 

それは箱からしてすでに期待感が高まります。

とてもカッコイイです( *´艸`)

 

普通お店で売っているものは箱から出されて売っていることが多いのでなかなか箱を拝むことは無いように思います。

 

今回はコンバーターも一緒に購入しました。

 

尻軸の「LAMY」のロゴがシルバーでプリントされていてスケルトンカラーにとっても映えます( *´艸`)

 

ラミーの万年筆では初めて字幅はMをチョイスしました。

インクの補充方法の種類は2種類

ラミー サファリはインクの補充方法が2通りあります。

 

1.カートリッジでインクを使う

2.  コンバーターでインクを使う

 

写真の上がコンバーター、下がカートリッジです。

 

カートリッジはインクの入った使い捨てのモノで、通常5本入りのものを購入して使う方法です。

 

コンバーターとは、インクを自分で吸入して使う事ができるモノで、何回も使うことができます。

スポンサーリンク

カートリッジ

カートリッジの利点はいつでもすぐにインクの補充ができることです。

 

しかも、いろいろな色のインクをサクッと持ち運べるのでとっても便利です( *´艸`)

 

あとは手が汚れにくいです。

 

欠点としては、インク代が高くつくということですか( ゚Д゚)

 

あとは、カートリッジ式のインクの色が数種類しかなく、その中から選ばなければいけないので、色の選択肢が少ないです。

スポンサーリンク

コンバーター

コンバーターの利点はとにかく吸入が楽しい( *´艸`)

 

まあ、儀式みたいなもんですか。

 

あとはインクのコスパがとってもいい。

 

しかも、相性が合う、合わないは各メーカーによって様々ですが、世界中の様々なインクを使えるってところがとても魅力です( *´艸`)

 

お値段も全然違います!

 

カートリッジに入っているインクとボトルに入っているインクでは単価が雲泥の差なのでたくさん書く方はカートリッジの方がお得です。

 

欠点は、逆にインクをボトルで買わなければいけないので、いろいろな色のインクを試したい方には逆にコストが高くなってしまいます。

 

あとは吸入時にかなりの確率で手が汚れます(;´Д`)

スポンサーリンク

オススメの使い方

僕のおすすめは、せっかく両用式なので、両方使うことがオススメです。

 

例えば、通常はコンバーターにインクを補充して使いながら、インク切れの時にカートリッジに差し替えて使うのがとてもいいと思います。

 

出先でインク切れになったときはやっぱりカートリッジの方が重宝します。

 

特に旅に出かけて使ったりする場合は、コンバーターに満タンにインクを入れて出発して、それが無くなったらカートリッジに替えるっていうのがとても経済的にもいいかと思います。

 

ちなみにインクの色をイロイロ選びたい方は、このスケルトンのサファリがとってもおススメです。

中が見えるのでとてもオシャレでかっこいいです。

 

僕はこのスケルトンのサファリにはそのうち赤系の色を入れて使っていこうと思っています( *´艸`)

 

コメント