【枻出版社SOLA NOTEBOOK】ソラノートブック!趣味の文具箱から届いたとってもステキなノートです!

その他

枻出版社のSOLA NOTEBOOK

趣味の文具箱の「読者の文具箱」コーナーに投稿した結果…。

 

掲載&プレゼント当選(゚∀゚)!!!

というとっても嬉しい出来事がありました( *´艸`)

 

そのあたりの出来事に関してはこちら↓

【趣味の文具箱】もしかして当選⁈趣味文の枻(えい)出版社から謎の小包が届いた話 (゚Д゚;)
趣味の文具箱の「読者の文具箱」に掲載されたい! 文具好きとしては避けて通れない雑誌。 それはもちろん「趣味の文具箱」(゚Д゚)ノ 僕も毎回楽しみにしています。 そんな僕にはとある気持ちが芽生え、だ...

で、頂いたプレゼントがコレ!

SORA NOTEBOOKの外観

名前と同じ空色のノート!

 

僕は空が好きなので、なんとなく自分専用のノートのような気がしてなりません( *´艸`)

 

お値段は2000円ちょっとするので、結構高級ノートの部類に入ります。

 

売っているのは実店舗よりもネット通販じゃないかなと思います。

 

僕の住んでいる地域の書店や文具店では今のところお目にかかったことはありません(´Д`)

 

東京の方ではちょこちょことあるようですが…。

 

 

 

裏面には枻出版社の名前がさりげなく刻印されています。

 

大きさはA5サイズなので持ち運びもし易い大きさです。

 

表紙は結構厚手の紙製です。

 

小学校の文集とかでありそうな質感といえば伝わるでしょうか。

 

正直言って、思ったよりも高級感があります(゚Д゚)

スポンサーリンク

SOLA NOTEBOOKの特徴

まず、開くと黄色い厚紙が1枚あってその次が内表紙。

 

で、次が目次のページ( ゚Д゚)

 

これはロイヒトトゥルムのノートやモレスキンのプロフェッショナルなんかにもあるやつです。

 

からの、

ノートは5㎜方眼!

 

罫線の色は薄いグレーで僕好みです。

 

ロディアもノートもあの紫色の罫線が苦手で、ホワイトロディアを使っています。

 

紙は「バンクペーパー」っていう最上級の紙を使用しています。

 

まあ、バンクというだけに銀行の帳簿用のとても良質な紙で、もともとは三菱製紙が1960年に開発した紙です。

 

破れにくいのはもちろん、とてもパリッとした紙質が特徴です。

 

万年筆でも当然裏抜けはしにくいです。

 

紙の表面は触ってみると少しザラザラとしているのですが、他の人の使用感を調べてみると万年筆で書くときはつるつると滑るように書けてとても良いってあります( *´艸`)

 

そのおかげで、極細の万年筆でもとっても書きやすいそうです。

 

トレーシングペーパーの筆記感に似ているとか( ゚Д゚)

 

まだもったいなくて僕は使っていませんが、パラパラっとページをめくったときの音がとてもいい音がします。

 

丈夫でパリッと高級感のある音が癖になって気が付くとパラパラとめくってしまいます。

 

このノートは「糸かがり綴じ」という綴じ方をしたあるのでページが開きやすくペタンとなって書きやすいです。

 

そして、目次があれば当然ページ番号が入っています。

 

さりげなくチェックボックスと謎のドットもあります。

 

まあ、使う人が使うとこれもとっても活用できるものなのでしょう。

 

僕はきっとそこまでは使いこなせませんが。

 

188ページの方眼ノートがあって、最後はまた黄色い厚紙からの背表紙でおわり。

 

モレスキンやロイヒトトゥルムのようなポケットはついていませんが、このシンプルさもまた上質なノートにとってもにあっています( *´艸`)

 

メイド イン ジャパンのこのノートは写真で見るよりも、実際に手に取ってみると、その質の高さが実感できます。

 

まさかのこんな良いものを頂いてしまいました。

 

また「読者の文具箱」コーナーに投稿したくなりました( *´艸`)

 

いや、もの目当てじゃありません(@_@)

 

でも、投稿するモチベーションにつながることは確かですな。

 

コメント